スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
俳人・勝本柏宇(かつもとはくう)
2012 / 06 / 23 ( Sat )
俳人・勝本柏宇(かつもとはくう)

何年か前まで、御祓川の慶王橋東橋詰の御祓川公園(府中町)に、黒御影石で出来た句碑があった。いつ撤去したのだろうか。どこかへ移設したのだろうか。
 調査不足で申し訳ないが、その石碑のその後は不明である。
 ただどういう内容だったか、本に記録が残っているので、碑文の内容を以下に転載しておく。

<碑 文>
     上陸をする船員に羽子日和   柏宇

 石碑の裏面をみると「平成ニ年十月吉日建之 七尾俳文学発展を記念して、八十八翁 勝本栄吉 俳号柏宇」とあるそうだ。
 俳句歴70年と米寿を記念しての建立らしい。
 勝本柏宇は、ホトトギス同人の俳人だった。
 その年(平成2年)の10月の祝賀会の句には「露の世を生き永らえて句碑ここに」の句がる。本人もこの句碑建立は嬉しかったのであろう。
 柏宇は、俳句を学びだしたのは20歳の頃だという。「七尾俳壇」に属して学び始め、当初は、親友の島田渓水、飯川一鹿と一緒に蕉風という古い流れの俳句を学んでいたという。途中から大阪で歯科医を学んで帰郷した守友一秋も加わったという。

旧勝本邸
 蕉風からホトトギス派に変更した経緯だが、勝本柏宇・勝本昌子合同句集『松の花』(昭和49年発行:勝本昌子は柏宇の夫人である)の「あとがき」に次のように書いている。

 俳句を3、4年学んだ頃、親友の島田渓水が、中島の汽船の中で、(中島在住の)ホトトギス同人の大森積翠と知り合い、ホトトギス俳句の事などを話合った。その大森積翠の影響が強かったのだろう、4人はホトトギス俳句を勉強することになった。

 その頃、中島にはホトトギス派の「風交會」があり、輪島にもホトトギス派の「蝸牛會」があった。
 七尾にもホトトギス派の会を作ろうということになり「己が會」と名付けて発足した。昭和2年のことだという。これが七尾にホトトギス俳句が根を下ろし育つ起源となったそうだ。
 その後誘いによって、杉森紅楓、石井考林、吉村春潮、佐原英同、下出水華らの入会があり、総勢156名となった、とある。

 昭和19年のある日、親友の島田渓水は急死。痛手であったが、昭和24年に4月24日には、待望の高浜虚子父子が能登入りし、七尾ホテルに大歓送迎会を開いたという(勿論句会も催す)。
 昭和38年、御祓公民館で俳句教室を開く。昭和42年、新人を加え「かりがね句會」と改め公民館句会を再発足したという。
勝本柏宇・勝本昌子合同句集『松の花』
 昭和43年に、明治百周年の記念事業の一環として七尾市にも隠れたる文化資料を求めてきたのに応じて、20年間所在不明だった高浜虚子先生父子歓迎大会の選句集(高浜虚子真筆)を探しだして七尾市に提出。七尾図書館に保管されることになったという。

 著書は、『松の花』の他にも、柏宇が長く指導を続けた「七草句会」の合同句集『七草』を昭和50年に発行している。

 生家は、一本杉町の西端に近くにある現在・前田リフォーム店となっている家である。この家には、直木賞作家の杉森久英や、モダンアートの勝本冨士夫も生まれている。

 その旧・勝本邸(現・前田リフォーム店)は、現在登録文化財である。家中には、勝本冨士夫の沢山の絵が展示されている他、旧家らしい重厚な蔵があり、当地を訪れた観光客なども時々立ち寄って見せてもらっているようだ。

(参考)
『七尾の碑』(七尾市立図書館友の会「七尾の碑編集委員会」編集・同友の会発行(1993年3月)/写真・間蔵俊甫)

(お知らせ) 能登・七尾 一本杉通り公式サイトができました
            URL http://ipponsugi.org/
    

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
10 : 02 : 55 | 一本杉通りゆかりの芸術家 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。